FX会社に支払う手数料とは?

FX会社に支払う手数料とは、スプレッドのことです。口座開設、口座維持などに費用はかかりません。

FXをやるときに唯一かかるコストが、スプレッドです。

スプレッドというのは、通貨の取引をするときに、一定の幅を上乗せしてFX会社に支払うことを指します。例えば、スプレッドが0.3銭なら、決済をするときに、1通貨につき0.3銭分の手数料を支払うことになります。1ドルが100円なら、実際には1ドルは100円プラス0.3銭として考えるようにするとよいでしょう。

1万ドルの取引をしても、支払うスプレッドは30円程度になるので、株式投資などに比べると安くなっています。

FX会社を効果的に活用する手法

FX会社は近年、自動売買に力を入れています。デイトレードのように相場に張り付いて細かく取引する手法から、プログラム売買が増えていることに対応しているわけです。

プログラム売買は、個人の取引手法を自動化させて、条件を満たす時に売買注文を自動的に出して執行するものです。このプログラミングのツールを提供するFX会社が増えているということです。

このようなツールを利用することによって、サラリーマンのように日中相場を見ることができない人も取引できるわけです。この傾向は今後も続くと見られていますし、FX会社の差別化にもつながると見られています。

注文方法で選ぶならこのFX会社がおすすめ

FX会社を利用する場合には、個人が自分の判断で取引を行うことが前提になるため、その注文機能が整備されていることが重要となります。なかでもおすすめなのは、様々な取引ツールによるデモトレードを行うことができることです。

注文機能には逆指値(ストップ)、OCO、IFD、IFOなどといった方法がありますが、デモトレードならで実際に利益を上げることができるかの判断もできます。しかもFX会社にはシステムトレードや売買のタイミングを示唆するシグナルを表示する機能まで存在する場合もあります。

おすすめのFX会社には外為どっとこむ、ヒロセ通商、DMM.com、YJFX!といった証券会社で、これらはデモトレードに対応しており、お試しで取引してみることも可能です。

FX会社に関する関連記事

FX口座開設、FX会社選び、引き出物の情報を掲載しております。

FX口座開設、FX会社選びは慎重にする必要があります。引き出物は一生で一回なのでよく考えましょう。